資格.com建築・施工資格一覧 TOP土止め支保工作業主任者

土止め支保工作業主任者


土止め支保工作業主任者

資格の概要

土止め支保工作業主任者は労働安全法の規定により、掘削面の高さ2m引用の土止め支保工作業を行なう場合に必要な資格です。

資格の取得には技能登録教習期間で行われる「土止め支保工作業主任者技能講習」を受講し修了することで取得できます。

受験資格

・地山掘削作業、土止め支保工の切りばり、腹おこしの取付け・取りはずしに関する3年以上の作業経験。
・大学、高等専門学校、高等学校、中等教育学校において土木、建築、農業土木に関する学科を専攻して卒業し、地山掘削作業、土止め支保工の切りばり、腹おこしの取付け・取りはずしに関する2年以上の作業経験。
・その他、厚生労働大臣が定める者。

資格試験の内容

・作業の方法に関する知識
・工事用設備、機械、器具、作業環境などに関する知識
・作業者に対する教育などに関する知識
・関係法令

資格の合格率

合格率は実施機関ごとに異なります。

資格試験日

受講日は実施機関ごとに異なります。

受験料

受講料は実施機関ごとに異なります。

試験実施会場

講習実施会場は実施機関ごとに異なります。

合格発表

-

問い合わせ先

日本鳶工業連合会
建設業労働災害防止協会

スポンサードリンク

建築・施工資格の解説

スポンサードリンク

資格のリンク集

Copyright (C) 建築・施工資格一覧 All Rights Reserved.